コンテンツへスキップ

麻布エリアで無理をした時などは出張マッサージ

何らかの無理が生じるケースは、日常生活では意外とよくあります。日常業務を振り返ってみると、かなり無理をして働くケースもあるでしょう。
仕事で頑張っている方々は、たまに徹夜なども行っています。そういう時に限って、体調不良になる確率も高まる傾向があるのです。後になって睡眠に関する障害が発生したり、内臓に関する不具合が生じる事もたまにあります。そういう時こそ、出張マッサージを受けると良いでしょう。
出張マッサージは、リンパなどに対して刺激を与えてくれます。それで適度な刺激などは、蓄積した疲労を解消してくれる効果が大いに見込める訳です。
上記でも触れた徹夜などの疲労も同様です。やはり無理をしてしまうと、色々と疲労原因が蓄積しますから、それを解消できるメリットは大きいでしょう。
それでリンパに対するマッサージなどは、自分で行わない方が良いのです。ツボを間違えてしまいますと、かえって逆効果になってしまう事があります。疲労を除去する為に施術を行ってみたものの、却ってそれで体調不良が悪化するのも良くないでしょう。
しかし出張マッサージならば、専門知識が多い方々が施術を行ってくれます。ですから最近仕事で無理をしている等と感じた時には、ちょっと施術を検討すると良いでしょう。

坂の多い麻布エリアの散策を満喫しよう

麻布エリアの特徴のひとつが、坂の多さです。港区にある坂のうち、半数近くが麻布エリアにあり、坂の名前をチェックしながら町歩きをすると、散策がより楽しいものになります。
鳥居坂の近くには、十番稲荷神社があります。十番稲荷神社は、港七福神めぐりの参拝スポットのひとつで、宝船のおやしろとして親しまれています。境内には、七福神の乗った宝船が祀られていて、港七福神めぐり以外の時期に訪れても、独特の雰囲気に触れることができます。十番稲荷神社の授与品で、人気を集めているのがかえるのお守りです。無事かえる、紛失物がかえる、と言われるかえるのお守りを求めて、国内外から人々が訪れています。付近には、かつて広大ながま池があったとされ、境内にはかえるの石像が奉納されています。
大黒坂の近くには、大黒天を祀る大法寺があります。大法寺も、十番稲荷神社と同じく、港七福神めぐりの参拝スポットのひとつで、年明けの七福神めぐりの時期には、特に多くの人が参拝に訪れます。
ユニークな名前の坂として知られているのが、暗闇坂です。夜になると、何かが飛び出してきそうで、ちょっと怖い感じがすることから名付けられたのでしょうか。急坂であまり見通しがよくない坂です。
坂のそれぞれの個性や名前の由来を考えながら散策してみると、坂の多いまち、麻布ならではの魅力に触れることができます。

ホームに戻る